CLEANING

ハウスクリーニングはプロにお任せ|相場を知ることが大切

用途に合わせた選択を

2種類のタイプがある

女性と掃除用品

文京区でハウスクリーニングを業者に依頼するという場合、業者を選定しなければいけません。ハウスクリーニングを行う業者が多い文京区では、業者を比較して選ぶという事が重要です。文京区内でハウスクリーニング業者を選ぶ場合、用途に合わせて選定するという方法も良いでしょう。ハウスクリーニング業者は、大きく分けて2つのタイプがあります。家事代行型と専門型の2タイプです。家事代行型は一般の人が使用する、洗剤や道具を使い作業を行うサービスとなっています。散らかっている部屋を掃除したい、そこまで酷い汚れは無いけれど忙しく掃除する時間が取れないという場合、家事代行型は便利に利用できるハウスクリーニングです。一方、専門型は自分では掃除するのが難しい箇所や、頑固な汚れを落としたい時に向いています。家事代行型とは違い、プロが使用する洗剤や機材を使いクリーニングを行うのが専門型の特徴です。エアコンや換気扇、レンジフードといった掃除するのが難しい住宅設備、お風呂に生えてしまったカビなど、一般的な掃除だと綺麗にするのが難しい箇所のクリーニングは、専門型の業者に依頼するのが良いでしょう。ちょっと掃除したい場合は家事代行型、徹底的に掃除を行いたい場合は専門型という風に、用途に合わせて業者を選ぶ事が大切です。文京区内でハウスクリーニングを行いたい場合は、家事代行型と専門型という2タイプの業者があるという事を、覚えておいて損は無いでしょう。

業者を比較しよう

ウーマン

アパートやマンションなどの家主は、特殊清掃業者を把握しておきましょう。例えば、その部屋で自殺があったり、孤独死していたりすると周囲の評判が悪くなってしまいます。通常の引越し清掃では次の借り手がなかなか見つかりません。マナーとして、特別な清掃をしておくことは必須と言えます。そのためには、いろいろな業者を比較しましょう。業者によって費用は異なります。特殊清掃は一般的なお部屋の清掃よりも細かく行われるので、当然、費用は高めです。いくつかの業者から見積もりを取ってみましょう。例えば、床上の特殊清掃は3万円から、浴室の特殊清掃は5万円からというように細かく決められています。あとは消臭剤を使ったり、除菌剤を使ったりするので、さらに上乗せされていきます。もちろん、お部屋の広さによっても手間の違いがあるので、広い部屋ほど費用は加算されると考えておきましょう。このようにして、トータル的に見ていくと、特殊清掃の費用は20万円近くかかることになります。これを業者に交渉して、もう少し安くすることは可能です。何よりも、お部屋を万全な状態にしてくれるので、安い費用でサービスの良い業者を選ぶことをお勧めします。そして、次に入居する人の気持ちに立って考えてみましょう。そうすれば、どんな特殊清掃が必要なのか明確になります。費用は迷惑をかけたということで、自殺や孤独死をした関係者が支払ってくれることもあるので、この点は大家さんと関係者とでよく相談しましょう。

特殊クリーニングの内容

家と作業着の人

近親者が亡くなった部屋を初めて特殊清掃する方にとって、作業内容や費用が気になるのは当然といえます。特殊清掃は、清掃以外の作業も含まれていること、汚染状態によって費用が変わることなど分かりにくい部分があります。業者は特殊清掃をすぐに始めるわけではありませ。まず、部屋の消毒を行ってから入室し作業を行います。遺体の発見が遅れると損傷が激しくなり、部屋の中にはウイルスや病原菌が浮遊している状態です。そのまま入室すると作業員が感染する危険性があるため、薬剤で消毒を行っています。消毒作業後は、体液や血液で汚れた家財道具を外に搬出してトラックに積み込みます。汚れた家財道具を残しておくと、臭いや害虫発生の原因になってしまうため処分してしまいましょう。そして、遺品整理を行い貴重品は遺族に渡し不用品は分別し廃棄処分に回します。ここまで作業が進んだら体液や血液で汚染された場所の清掃を始めます。特殊清掃用の洗剤を使って汚れを取り除いていきます。ハエやウジなどの害虫が大量発生している場合は、薬剤害虫駆除後に清掃を行います。床や壁の内部に汚れが広がっている場所は、特殊清掃用の洗剤で取り除けません。そのような場所は、解体したり壁紙を剥がしたりして清掃作業を行います。清掃作業終了後は部屋の消臭・脱臭を行い、解体場所の原状回復工事をします。特殊清掃の費用は、基本料金、パック料金、オプションサービスなど様々なものがあり業者によって内容が異なっています。作業内容と費用を確かめてから依頼しましょう。