CLEANING

ハウスクリーニングはプロにお任せ|相場を知ることが大切

カーペットも対象

クリーニングの作業内容は

掃除道具

文京区では、ハウスクリーニングを利用する住宅が増えています。ハウスクリーニングでは自分で掃除する事が難しい箇所を、業者に依頼するケースが一般的です。カーペットの床が多い文京区の住宅では、ハウスクリーニングでカーペットを綺麗にするケースも少なくありません。カーペットに染みついたシミや汚れも、ハウスクリーニングでキレイに落とせます。文京区内でサポート業務を行っている、ハウスクリーニング業者であれば、大抵カーペットのクリーニング作業も行っているので、依頼しやすいでしょう。ある文京区内をサポート提供している業者は、カーペットクリーニングに特殊な機材を用います。カーペットクリーニングは、まず下準備をしなければいけません。家具を移動させた後、掃除機でホコリを取り除く作業を行うのが基本です。シミがある場合は、特殊な洗剤を染み込ませ前処理を行います。この後、特殊な機材によってカーペットをクリーニングしていくのです。ポリッシャ―という専用機材を使い、カーペットにシャンプー液を供給しながらクリーニングしていきます。その後、水や洗剤を高圧噴射させ、カーペットに染みついた汚れを浮かす作業を行います。浮かび上がった汚れは、リンサーという専用機材で吸引するので、カーペット表面に残る事はありません。その後は塗れているカーペットを乾かし、家具を元の位置に戻してカーペットクリーニングは終了です。文京区内で活動している多くのハウスクリーニング業者は、カーペットの場合、このような流れで作業を行います。

便利なセットプラン

内観

コストパフォーマンスを考えて仕事を任せるハウスクリーニング業者を絞り込みたい場合、希望する掃除の種類を考えてみましょう。いまは水周りのハウスクリーニングはセットプランでこなしてくれる業者があります。また文京区でエアコン掃除だけを任せたい方は、一箇所からのハウスクリーニングを受け付けている業者を探すと良いのです。気を使って他の部屋の掃除を任せる必要がありません。セットプランの種類を多様に揃えているハウスクリーニング業者であれば、高所の清掃やカビとりプランを用意していますので活用すると便利です。文京区で即金の支払いが難しい方であれば、クレジットカード支払いを受け付けている場所もあります。料金の支払い体系にも注目しましょう。人気を集めているハウスクリーニング業者には多様なサービスが揃っています。文京区で引越しに合わせてハウスクリーニングを招く際は、大型ゴミが出ることもあるでしょう。その場合、不用品回収を行ってくれる業者を活用しましょう。その場で回収してもらえば家具の下も綺麗にしてもらえます。どうしても引越しは人手が必要になりますから、活用すると便利です。ハウスクリーニングの仕事は大掃除だけでなく、日常的な掃除も行ってもらえます。仕事が忙しくて定期的な掃除ができない方はこうしたサービスを任せると良いでしょう。文京区で共働きをしている家庭にとっても利用したいプランです。ハウスクリーニング業者の中には夕方以降の掃除を受け付けている場所があります。

業者の初期清掃が必要

お金

孤独死などで遺体の腐敗が進んだ部屋にはすぐに入ってはいけません。遺体の腐敗臭だけでなく、細菌やウィルスなどに感染してしまうおそれもあるからです。また汚染された室内を見てトラウマになってしまう人もいます。このような場合は特殊清掃サービスに依頼して初期清掃をしてもらうことが必要です。特殊清掃業者は専用の薬剤を用いて空気中に浮遊している細菌やウィルスなどを除菌します。そして腐敗液で汚染された布団やベッド、畳、カーペット、クロスなどを除去します。それから床や壁、天井、家財道具などの清掃や消毒、消臭を専用薬剤やオゾン消臭装置などを使って行います。このような特殊清掃作業が終わったあと初めて室内に入ることができ、遺品整理なども可能になります。室内の家財道具が運び出されたあと、業者は床板などの本格清掃を行います。場合によっては床板を剥がし、張り替えることもあります。この作業を徹底しないと後からニオイなどが出たり、汚れが床板などに浮き上がってくる場合もあるのです。特殊清掃は初期清掃と後の本格清掃では費用は別料金になります。初期清掃の費用は人件費や薬剤など込みのパック料金にしている業者もいます。その費用は業者によって異なりますが10万円前後です。業者によっては畳や障子、襖交換のほか、遺品整理やリフォームなどもする場合もあります。その場合の費用は本格清掃に加算されます。これらの費用は場合によっては数十万円以上になることもあります。