CLEANING

ハウスクリーニングはプロにお任せ|相場を知ることが大切

特殊クリーニングの料金

クリーニングの料金相場

男女

自殺、孤独死、殺人、火災事故などで亡くなった方の発見が遅れた部屋は、害虫が発生したり、様々な汚れや臭いが染み付いたりしています。部屋の中はゴミ屋敷の状態になっている場合もあり、その中で遺品整理も行わなければいけません。部屋の状態によっては入室すらできないこともあり、個人では対応が困難です。このような部屋では、クリーニングの他に、害虫駆除、体液・汚物除去、消臭・消毒、遺品整理などの作業が必要です。遺体の体液や血液が床板や壁に浸み込んでいるときは、臭いや汚れが落ちない場合もあります。このような場合は、床板や壁を撤去するリフォーム工事を行います。様々な作業が必要になる部屋の清掃は特殊清掃業者に依頼しましょう。特殊清掃業者は、これらの作業を行うノウハウを持っており部屋や建物を綺麗にしてくれます。特殊清掃を業者に依頼した場合の費用相場は、部屋の状態によって異なりますが約6〜50万円となっています。これは、害虫駆除、体液・汚物除去、消臭・消毒など特殊清掃にかかる費用相場で、遺品整理やリフォーム工事費用は含まれていません。特殊清掃費用の内訳は、害虫駆除2〜10万円、体液・汚物除去2〜25万円、消臭・消毒2〜20万円となっています。遺品整理はワンルームで3万円からとなっており、遺品の量や部屋の広さによって費用が変わります。リフォーム工事費用も部屋や建物の状態によって異なりますので、特殊清掃業者と相談しましょう。

どの業者を選べばよいのか

清掃用品

文京区でハウスクリーニングを専門業者に依頼をする場合、どのような基準で選べばよいのでしょうか。まず最も重要なのは口コミサイト等を参照する事です。初めて依頼をする場合はどのような業者かわかりません。以前利用した人の口コミがあればある程度安心が出来ますし、判断基準の1つとなります。またその業者のHPも参照する事は大切です。近年はインターネットで検索するケースも多くなっていますので、そのような対応をきっちりしている業者は安心できます。またハウスクリーニングで重要な点は料金です。文京区にも多数業者がありますが、ハウスクリーニングを依頼すると料金が〇〇円〜という業者があります。これは汚れ次第で料金が変わる事になります。定額制の業者またはしっかりと見積もりを提示する業者で依頼をする事がトラブル防止になります。料金内容が明確である業者は選ぶ時には重要な要素となります。この他には損害保険に加入しているかどうかです。ハウスクリーニングの際に家に傷をつけてしまう、家のものを破損してしまう可能性がゼロではありません。このような不測の事態に備えている事は基本的な事です。また電話等の対応が丁寧でスムーズである、アルバイトやパートを多用していない点もポイントとして押さえておく事が大切です。このようにハウスクリーニングの際には様々な業者選定のポイントがありますが、文京区だけでなく文京区に隣接している地区の業者にも見積もりを依頼するなどして適切な業者を選定する事が大切です。

依頼するさいの準備

女の人

清掃とはその場所をきれいにするものですが、単に清掃といってもさまざまな種類があります。その中でも通常の清掃とはまったく異なるものが特殊清掃です。特殊清掃とは病死や孤独死、自殺などによって発見が遅れて部屋が著しく汚れてしまった場合に行われる文字通り特殊な清掃活動のことです。人間が死に発見が遅れると腐敗が進み、それによって著しく部屋が汚れ通常の清掃作業では汚れを落とし切ることができません。このため専門知識を持った業者が行う特殊清掃が必要になります。特殊清掃を依頼する場合には、事前の見積もりが重要になってきます。費用の相場としては一部屋あたり10万円前後ですが、遺体の状態が悪ければより費用が掛かります。作業の内容としては一般的な清掃のほか消臭剤や除菌剤の散布、また汚染された畳の撤去などが行われます。特に夏場の場合には腐敗や害虫の発生などが起こりやすいのでそれだけ作業すべき時間が増えるため費用が高くなります。また特殊清掃では同時にその部屋の家財道具の処分も行われるので、それらの費用も発生しますし、場合によってはフローリングや畳、壁紙の張り替えといった作業も行われます。特殊清掃は他の清掃作業と同様に作業量が増えるとそれだけ費用が増えることになります。また部屋が広くなるほど作業員人数も増えるので費用は増えていきます。いずれにしてもそのままにしておくことは家が傷む原因になるため、早めに対処することが重要になります。